ヘッダー
O脚と生理痛の関係
生理痛が改善される場合があります

毎月やってくる生理痛、その辛さは女性なら誰もが実感しているはず。
そしてそのつらさ少しでも和らげたいのがホンネですね。

実はO脚はこの生理痛と大きな関連性があり、O脚の改善が生理痛の改善にもつながると言われています。

そもそも骨盤の歪みは足の骨格に悪い影響を与え、それがO脚の原因にもなります。きっかけは骨盤の歪みですが、O脚のまま生活していると、
O脚が今度は骨盤に悪い影響を与え、さらに骨盤がゆがんでいきます。

見た目ではわからないのですが、微妙な骨格バランスの変化は、身体に想像以上のダメージを与えます。

腹痛の女性

主なところでは骨盤の歪みによって血流が変化し、冷え性やむくみの原因となったり、それがさらに子宮の冷えも引き起こすことにもつながります。

子宮が冷えると、その働きが正常時より弱まってしまい、生理時においては生理痛がよりひどくなるという悪影響がでます。

こうして引き起こされた、通常時よりひどい生理痛を対処するため、鎮痛剤を服用する方も多いでしょう。

しかしながらO脚が原因となって生理痛がひどくなっている場合、それでは根本的な解決にならず、
この先ずっと厳しい痛みや辛さと付き合い続けなければなりません。

もしも生理痛が若いときよりひどくなったとか、ひどい生理痛が数か月続いているとか、
時期によって波があるとかそういった症状がある場合、病気、もしくはO脚が原因でそのようになっているという可能性を疑ったほうが良いでしょう。

一度病院に行くなり、整骨院に見てらうか、自分でO脚かどうか確かめるなどして対策を取るべきではないでしょうか。

すぐに病院や整体に行く時間がない(時間はなるべく作ってください)場合、
まずはO脚の原因となっている姿勢や歩き方を見直してみましょう。自分で見るより人に見てもらったほうが良いです。

そして身体を柔らかくするためストレッチをすると良いです。
身体が固いのは関節の可動域が狭いために起こっているので、
ストレッチを毎日続ければ関節も柔らかくなり、骨格にも良い影響を与えてくれます。

Copyright c 2013 O脚矯正プログラム All Rights Reserved.
フッター